新着記事
カテゴリ
日記(11)

2007年03月31日

グロービートジャパンの未来

グロービートジャパンでは、「日本の食文化の世界への発信」をテーマに、日々さまざまな活動を繰り広げています。では、実際にグロービートジャパンは、これから先どのようになっていくのでしょう。今回は、グロービートジャパンの実績と今後について、お話していこうと思います。


グロービートジャパンは、その活動範囲を日本だけにとどめることはしませんでした。グロービートジャパンという名が示す通り、日本の食文化を世界に発信していくために、世界への進出を果たしたのです。グロービートジャパンが初めて海外に進出したその場所は、アメリカ西海岸のカリフォルニア州、ロサンゼルスです。ここに、グロービートジャパンが誇る「CHABUYA」が進出したのです。花月ラーメンで、すでに日本では絶大な人気を誇っているグロービートジャパンというブランドが、初めて世界に進出した瞬間でした。


グロービートジャパンが誇る人気商品は、皆さんもすでにご存知の通り、ラーメンです。しかし、グロービートジャパンが初めて進出したアメリカでは、このラーメンという商品をどう捕らえているのでしょうか。アメリカのラーメンは、一般的には「量が多い」「脂が少ない」「塩っ気がない」というのが普通です。味の種類はしょうゆ、塩、みそ、シーフードなど、一通り種類はそろっているようですが、その味の深さに関しては、グロービートジャパンの提唱する日本のラーメンとは、ずいぶん趣が違っているようです。


グロービートジャパンが、カリフォルニアという地に進出した一番の理由は、この地のラーメンという食品の需要の高さです。ロサンゼルスでは、ラーメン店には連日すごい行列が出来るのだということを、みなさんはご存知でしょうか?意外だと思われるかもしれませんが、ロサンゼルスでも日本同様、ラーメンの人気は不動のものというわけです。ここに、グロービートジャパンの誇る店舗を進出させたということは、グロービートジャパンにとってもかなりの挑戦だったということになります。グロービートジャパンは現在、日本の持つ食文化をロサンゼルスの人々に伝えるために、日々努力を続けているのです。


グロービートジャパンは、最初に打ち立てた目標を達成するため、日本だけにとどまらず世界にも手を伸ばし始めています。グロービートジャパンの今までの経験がアメリカで通用するのかどうか、これからが注目されるところですね。

posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

グロービートジャパンの業務内容

グロービートジャパンの業務内容は、日本の食文化の世界への発信、をテーマに、幅広い活動を続けています。現在の主な業務を始め、他にも色々な分野へ手を広げながら、更なる発展のために頑張っている姿は、誰の目にも誠実なものとして映し出されています。今回は、そんなグロービートジャパンの業務内容について、お話していこうと思います。


グロービートジャパンの現在の主な業務内容は、飲食店の全国への展開活動です。グロービートジャパンの経営している「ニンニクげんこつラーメン花月」や「ちゃぶ屋とんこつらぁ麺」といえば、皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。グロービートジャパンの目指すものは、日本の持っているこのすばらしい食文化を、世界に向けて発信していく、というものです。日本を代表する食文化であるラーメンを、グロービートジャパンは世界に向けて発信し続けています。


グロービートジャパンの経営しているお店で出される商品は、すべてグロービートジャパンが企画・考案しているものです。素材の生産地や、養殖物・天然物かという少しの差で、商品の味が落ちてしまわないよう、グロービートジャパンでは細心の注意を払いながら、商品の考案が行われています。更に、出来上がった商品は全国展開する前に、グロービートジャパンの持ついくつかの店舗で先行販売を行ったりして、より多くの人に楽しめる味に仕上げられるよう、日々努力を繰り返しているのです。


グロービートジャパンでは、その業務をただの食文化の発信、というだけに留めてはいません。食はエンターテイメント、と豪語するその裏では、さまざまな工夫が施されているのです。グロービートジャパンの経営している店舗の一つである「豚そば銀次郎」。このマスコットキャラクターである「銀次郎」は、「サラリーマン金太郎」などでおなじみの人気作家が生み出した人気キャラクターです。また、IT業界やスナック菓子業界、そしてカップ麺業界と手を組んで、ウェブサイト上の人気投票などで決定した新商品を販売するなど、新しい試みも行われ続けています。


グロービートジャパンは、さまざまな角度から日本の食文化というものを見直し、新しい形のものとして生み出し続けています。グロービートジャパンは、これからもこの斬新な発想力と類まれなる行動力で、世界へ日本のすばらしさを発信し続けてくれることでしょう。

posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 18:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

グロービートジャパンの行動指針

グロービートジャパンでは、常に新しい挑戦を続けていくため、ある行動指針が設定されています。グロービートジャパンでは、経営理念に沿って世界を進んでいくために、この行動指針が必要不可欠となっているのです。グロービートジャパンでは、一体どのような行動指針が掲げられているのでしょうか。


グロービートジャパンが社員の皆さんに掲げている行動指針は、全部で5つあります。「ホスピタリティ」「エンターテイメント」「プロフェッショナル」「チャレンジ」「ロングセラー」というこの5つの行動指針は、グロービートジャパンの日本の食文化に対する自信と誇りをそのまま表しています。では、グロービートジャパンの行動指針を、その対象者別に2つに分けて見ていきましょう。


グロービートジャパンの行動指針は、その対象者が誰なのか、という目で見てみると、大きく2つに分けることが出来ます。その一つ目が、「お客さん」に対するグロービートジャパンの行動指針です。「ホスピタリティ」と「エンターテイメント」がそれにあたるのですが、これらはどういった行動指針としてグロービートジャパンに掲げられているのでしょう。ホスピタリティとは、つまりおもてなしの心。お店に来てくれるお客さんのために、心からおもてなしをすることを目標としています。また、エンターテイメントはお客さんへの総合的なサービス精神を表します。食という楽しみを、さまざまな方面から120%味わってもらおうという心が表れていますね。


グロービートジャパンの行動指針の対象者、もう一つはグロービートジャパンそのものです。「プロフェッショナル」「チャレンジ」「ロングセラー」の3つがこれにあたるのですが、これらはすべて、グロービートジャパンの社員一人ひとりに課せられた目標となっています。「プロフェッショナル」は自分に誇りと自信を持つという心のこと。いつでも最高のサービスを提供するという強い決意が見えますよね。「チャレンジ」は高い目標を目指す心のこと。いつまでも同じ場所にいるのではなく、常に前進し続けることを心がけています。最後の1つは「ロングセラー」。グロービートジャパンは、誰にでも愛される企業作りに、全力を注いでいるのです。


グロービートジャパンが日々成長し続けているのは、会社内にこういったすばらしい目標を掲げているからです。グロービートジャパンは、この行動指針に従って、これからも私たちにすばらしいサービスと笑顔を運んできてくれるに違いありません。

posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 18:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

グロービートジャパンの理念

グロービートジャパンには、その名前にもしっかりと現れているように、壮大な、かつ着実に進化を遂げていける経営理念を持っています。すばらしい企業というのは、どこの企業でもしっかりとした経営理念を持っているものですよね。グロービートジャパンには、どのような経営理念があるのでしょうか?今回は、グロービートジャパンの経営理念について、お話していこうと思います。


グロービートジャパンの経営理念は、とにかく日本の食文化を誇りに思っていることが大前提となります。日本の食文化は、ここ近年ですばらしい発展を遂げてきました。元々ある日本の食文化の伝統をしっかりと受け継いだまま、今でも新しい日本の食文化は生まれ続けています。グロービートジャパンの経営理念の一つは、「日本の食文化の発展」。グロービートジャパンでは、そのような日本の食文化の一端を担うということを、一つの目標として掲げているのです。


グロービートジャパンの経営理念の中には、もう一つ重要なものがあります。それは、「日本の食文化の世界への発信」。グロービートジャパンの活動の中には、常に日本の食文化をいかにして世界へ発信していくのか、ということが、大きな課題の一つとして横たわっています。現在でもグロービートジャパンは世界への進出を遂げていますが、グロービートジャパンの活動は「世界へ進出したらもう満足」というわけではないのです。常に世界中の動向を観察しながら、世界中の人たちに日本の食文化を知ってもらう。そのために、グロービートジャパンでは日夜新商品の開発へも力を注いでいるのです。


グロービートジャパンは、その公式サイトでこのような経営理念を持って活動している、と書いています。それは、「グロービートジャパンは日本の食文化の発展と世界への発信を使命とし、躍進する」ということです。同サイトでも明記されているように、グロービートジャパンで働く皆さんは、「外食はエンターテイメント」だと考えています。グロービートジャパンが経営している店舗では、エンターテイメントである外食を常に新しい気持ちで受け入れることが出来るよう、いつでも全力でお客様を接客することを考えているのです。


グロービートジャパンは、こういった理念のもとで積極的な活動を行っています。グロービートジャパンが気になる、という方は、是非一度お店に足を運んでみることをオススメします。きっと、グロービートジャパンが新しい外食の形を提唱してくれることでしょう。

posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 18:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

グロービートジャパンの意味

グロービートジャパン、という会社のことについては、お話しましたね。では、グロービートジャパンという言葉の意味を、皆さんは推察することが出来るでしょうか。何だか聞き慣れない言葉ですが、実はこの名前にも、グロービートジャパンという会社が意味を込めてつけているのです。今回は、グロービートジャパンの名前の由来について、お話していこうと思います。


グロービートジャパンという名前には、グロービートジャパンという会社への切実な思いが込められています。グロービートジャパン、という名前は、「GLOBE」「BEAT」「EAT」「JAPAN」という4つの言葉をつなげて作られた造語です。では、グロービートジャパンに込められた意味を、一つ一つ説明していきましょう。


グロービートジャパンの「GLOBE」とは、「世界に通じる商品・サービスの追求」を意味します。グロービートジャパンは、世界に通用する日本の食文化を知らせることを目標としています。それは商品そのものだけではなく、サービスも一緒に含まれているのです。グロービートジャパンの「BEAT」、これは「目標に向かって躍進する企業」という意味です。BEATは「勝つ」とか「うなり」といったような、力強い意味を持っている言葉です。この言葉のように、グロービートジャパンは常に力強く前進し続けています。「EAT」には「食べることを通じた人間の幸福の創造」。そして最後の「JAPAN」は、私たちが誇る日本の食文化を胸を張って世界に発信していく、といった願いが込められているのです。


グロービートジャパンは、こういった目標を企業名として掲げて、毎日一歩ずつ確実に、前進していっています。グロービートジャパンの勢いはとどまることを知らず、今では人気漫画家とのコラボレーション企画や、海外への店舗進出など、幅広い分野で日本の食文化を発信し続けているのです。


グロービートジャパンは、これからも常に躍進し続けていける企業です。海外進出ももちろんですが、日本での新商品の開発も熱心に行っていますし、着実に力をつけて全世界に向けて日本という国の食文化のすばらしさを発信し続けているのです。グロービートジャパンの願いを、あなたも一度口にしてみてはいかがでしょうか?

posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

グロービートジャパンとは?

グロービートジャパン、という会社を、皆さんは耳にしたことがあるでしょうか?グロービートジャパンは、食の世界で今もっとも注目を浴びている会社の一つです。今回は、グロービートジャパンのことについて、皆さんに知ってもらおうと思います。


グロービートジャパンとは、「ニンニクげんこつラーメン花月」や「らあめん花月嵐」などの飲食チェーン店を展開している会社です。日本人であれば誰でも親しむことの出来るラーメンを中心に、さまざまなメニュー展開をしているグロービートジャパンは、現在は海外にまで進出してきているという盛況振りです。皆さんも、グロービートジャパンの経営している「ニンニクげんこつラーメン花月」や「らあめん花月嵐」、「ニンニクげんこつらあめん花月寅」、「CHABUTON」など、どれか一つは耳にしたり目にしたりしているのではないでしょうか。


グロービートジャパンは、しっかりとした経営理念を持っています。グロービートジャパンは「日本の食文化の発展と世界への発信を使命とし、躍進する」といった経営理念を掲げており、その言葉通り現在は海外進出まで展開しています。グロービートジャパンの誇る「ちゃぶ屋とんこつらぁ麺」で作られているラーメンのスープは、素材に約40種もの天然素材を使用したあっさり風味。日本人以外の人でも、気軽に食べることが出来るようなものに仕上がっています。グロービートジャパンは、常に日本の食文化を発信していくということを目標としているのです。


グロービートジャパンで経営展開されている、豚そば銀次郎。このお店のマスコットキャラクター的存在である銀次郎とのコラボレーション企画となっています。日本を代表する漫画家の方がデザインしたキャラクターとのコラボレーション企画は、グロービートジャパンを更に躍進させるきっかけを作ってくれました。


グロービートジャパンは、日本で今もっとも勢いのある会社の一つとして名を連ねています。グロービートジャパンでは今も、全国で店舗展開をしながらフランチャイズ店を募集するなどの精力的な活動も行っています。あなたも、グロービートジャパンのこれからの活躍を一緒に見届けてみませんか?

posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

グロービートジャパン:エボリューション・プロジェクト

グロービートジャパン、このラーメンうまいっす・・・!続きを読む
posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 16:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

グロービートジャパンとは

グロービートジャパンは全国に展開しているニンニクげんこつラーメン花月で有名な会社です。
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・宮城・大阪に直営店35店舗を展開されています。
グロービートジャパンとヤフー・ジャパンとのコラボレーション企画では35万票という投票結果をもとにオリジナルラーメン「焼き味噌サムライラーメン」を開発して、話題になりました。

グロービートジャパンでは新しい価値を常に創造されています。グロービートジャパン
posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 13:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グロービートジャパン ちゃぶ屋とんこつらぁ麺

ちゃぶとんの愛称で呼ばれるグロービートジャパンのとんこつらぁ麺。
スープの素材に、約40種類におよぶ天然素材が使われているんですよ。グロービートジャパン
posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 13:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グロービートジャパン:ラーメンセレブキャンペーン

グロービートジャパンのラーメンセレブキャンペーン
チャレンジカードを集めてお店で景品と交換できるキャンペーン。
グロービートジャパンではいつも新しいキャンペーンが行われています。続きを読む
posted by グロービートジャパン・豚そば銀次郎 at 13:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。